富山県福光のバットメーカー「SOスポーツ工業」様のバットの端材を用いて「ベクハイ」を製作しました。

ベクハイ(可杯)とは、土佐のお座敷遊び用の「おちょこ」のことで、底が不安定なため使用者は酒を飲みきるまで杯を置くことができない設計になっています。漢文で「可」という字を使用する際、文章の上部につけることから「下に置けない」という意味で、この文字が用いられるようになったとか。

バットの成形で用いられる「ろくろ挽き」の技術を用いてベクハイの木地を作り、表面には漆を金箔、銀箔、真鍮箔を貼りました。使うほどに経年変化を楽しむことができる逸品になっており、長く愛用いただける酒器となっています。